So-net無料ブログ作成

たんぐらむで図形のセンスアップだ!! (3歳3ヵ月) [おもちゃ・知育グッズ]

実はこれも今月買いました。

めばえ教室の無料知能診断で分かった、図形力!?不足を補うためです。

くもんのNEWたんぐらむ 
タングラム2.jpg
タングラム3.jpg
対応年齢は「3歳から大人まで」(くもん教材の対応年齢はちょうど良いことが多いデズ)

セットの内容は、
7種類の木製ピース  1セット
2~4ピースまでの厚紙シート 16枚
5~7ピースまでの厚紙シート 4枚
いろんなパターンが載った取扱説明書。

シートの隅に「このピースを使います」と書いてあるので、初心者にも分かりやすいです。
タングラム4.jpg

息子は、最初は難しいようだったので、私がお手本をして見せてから、

息子にさせるという方法でやってみました。

最初の頃はスペースに合わせて、ピースを裏返す、回転させる動作が出来るかがカギで

「うらはどうかな~」「向きはどうかな~」と声かけすると、自分で動かして合わすようになりました。

タングラム.jpg

分からない時は、1ピースだけ置いてやり、後はひらめくのを待つ。

「自分で考える」クセをつけさせたいので、あまりヒントは出さないようにしています。

慣れてくると、初見の4ピースのシートも、ササッーとやって、親を驚かすことも。

出来た~!満足感を演出するために、最後にスパーっとシートを上に抜くのがおすすめ^^

出来てなくても「出来た!」と言うことがあるので、シートが取れるかどうかは、いい目安になりますよ。


タングラムをやってみて分かったこと、それは、やったことがないとさっぱり出来ませんが

やり始めると、すぐに上手になるってことです。

息子は買ったその日に4ピース出来るようになりました。

何事も経験させることが大切なんですね。買ってよかったと思います。



ちなみに公文のおもちゃは、町のおもちゃ屋でも売っていますが、値段が高いので

ネットが断然オトク。

うちは送料無料のアマゾンで頼みました^^


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

パルキッズ プリスクーラー始めました(3歳3ヶ月) [パルキッズ・英語]

ついに買ってしまった。。

児童英語研究所のパルキッズ プリスクーラー。

プリスクーラー.jpg

英語の聞き流しやフラッシュは、「さわこの1日」や中古の教材でこちょこちょやっていましたが、

自己流に限界を感じ、無料1ヵ月お試しCDを注文したのが7日前。

使い方がよく分からないので、フリーダイヤルもあることだし、使い方や疑問などを聞いているうちに

ハロウィンキャンペーンなるものがあることを知り、「10月末までで限定残り4セットです」

にドーンと背中を押されて即注文、翌日には届きました。(思えば簡単なお客でした^^;)

パルキッズプリスクーラー(2年1ヶ月分) ¥88,000
I can read!(暗唱用CD・DVD絵本)  ¥13,400
お好きな書籍を3冊プレゼント
エデュマート ¥12,000のクーポン

がですよ、なんと ¥90,000ですよ!

そりゃ、手が出ますって。(ダンナには言ってない)

とりあえず、家計簿の処理としては、前払費用にあげておき、1ヵ月3,600円ずつ教育費で

落とす予定です。(これならバレないはず)


さてその取り組みですが、簡単に言うと

毎日
プリスクーラーのCDの掛け流し(90分)
I can read!  のCDの掛け流し(20分)
2週間経ったら
両方のDVDを最低2から3回見る
1ヵ月経ったら、次のセクションに行く

というもの。

3歳で始めると、小学校の低学年で全プログラムが終わるそう。

親はとにかく、CDをオンすればよいだけで、フラッシュすることも、しゃべらなくてもよいのです。

そんなことってあるのか、未だ半信半疑ですが、がんばってみようと思います。

お試しDVDに出てくる、中一で英検一級を取ったペラペラのバイリンガルの女の子みたく・・までは

望みませんが、ちょっとでも近づけたらいいなあ。

私の時代はリーダー重視だったけれど、今はヒアリングのポイントが高いので、私の価値観で

英語教育してはダメですよね。

とりあえず、耳が慣れるよう、毎日CDの掛け流しを続けていこうと思います。

国語は公文式、英語は七田式と妙なことになりましたが、いいとこどりでやってみます^^


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:育児

公文 国語4A150 一人でやりたい?!新たな作戦 (3歳3ヶ月) [公文のこと。。]

時間と枚数にこだわった取り組みを封印し、息子の気持ちを尊重して進める作戦に変更して

半月がたちました。

今までは息子の横に座り、プリントどおりに私が司会進行!?、間違いがあればその場で

訂正していたのですが、息子の目線に立って、自由に一人でさせるようにしました。

「洗濯物干すのと、競争しようか?」といって始めると、すごく楽しそうに、大変な勢いで

書き始め、「ハイ!」といって一枚ずつ持ってきてくれます(シメシメ)

「わー、じょうず~!」とか「早ーい!」などど、乗せると楽しそうに取り組んでくれます。

ズンズンなので、☆から書こうが、書き順を間違えようが大したことはないと楽な気持ちで望め、

家事もできるので一石二鳥でした^^

そして何より一人でできた!ということが息子も私も嬉しくて、終わった後たくさん褒めました。



そして肝心の国語ですが、一回の学習を今までの5枚から3枚に減らしました。

イラストも気が済むまで見させてやるようにし、
(今までは先に進まないので本文を読むまでは手で隠したりしていました)

息子のペースで進めるようにしました。

また一人でやりたいと言った時には、思い切って好きなように気の済むままにやらせ、

私は他の事をしながらこっそり見張り?!、

飛ばした箇所や読みができなかった箇所は、「ここちょっと変だねえ」

「ここ、かあちゃんにも聞かせてくれる?」といってもう一度させるようにしました。

公文は「問題文をきちんと読んで・・・」など手順を守るように指導しますが

今は手順にこだわるよりも、自分からやりたい気持ちを育てる方がよいのではと思っています。

まだ3歳なので、挿絵があれば気を取られてしまうし、「読んでから書きましょう」といっても、

目に入ればすぐに書いてしまう。

それをいちいち横に座って「はい、こっち!」とされたら、大人でも面白くないですよね。

特にズンズン、はっきり言ってこれは守はいらないことがよく分かりました。



「お勉強はきらいなの!したくないの!」のあまりにショックな発言から1ヵ月。

「まだ一人じゃ出来ないんじゃない?」と頭ごなしに思っていた私は、

息子の成長に目を見張りました。

一番の成果は自分から進んで取り組むようになったこと。

当分は、この調子で進んだらいいなあ^^


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

鹿児島、霧島、桜島の旅2010 (3歳2ヶ月) [おでかけ]

義父と義母もいっしょに、10月の9・10・11日に鹿児島へ家族旅行に行ってきました。

家を7時半に出発、新幹線と特急リレーつばさを乗り継ぎ、新八代駅でレンタカーを借りて霧島へ。

湯煙が上がる山道を進むと、古いけど格式がありそうなホテルに到着。(3時半)

この日のお宿は「霧島いわさきホテル」です。

私がネットでいろいろ調べてここに決めたのですが、その理由は

①全国で一、二を争うほどの、広い露天風呂があること。
  (鹿児島まで行って小さい風呂じゃつまんない)

②竜馬伝のロケで福山雅治が入った、渓流沿いの露天風呂があるということ。
  (別にファンではないが、竜馬伝は見ているので、ええとこやなあ~と思ったのです)

③休前日と平日の値段の差が1000円しか変わらないこと。
  (最後まで迷ったホテルが、平日と連休で倍の開きがあった。これが決め手に)

結果から言えば、霧島いわさきホテル、大正解でした^^

到着そうそう、嫌がるダンナと息子を引き連れ、浴衣のようなものを着用し

竜馬にあやかるべく、渓流沿いの露天風呂(混浴)へ。

風呂は8つあり、好きなところへ入るのですが、裸足での移動で、かなり痛い。

でも風呂に入ればこっちのもの、川の流れを見ながら、気分はお殿様、

そうこのお風呂は薩摩藩の殿様の湯治場だったのです。

この日は雨がふったりやんだりであいにくのお天気。

風呂から、風呂へ移動していると、体に張り付いた浴衣が冷たくなり、寒く感じました。

息子はというと、風呂よりも川に入りたがり、ダンナが付き合わされましたが、

この川もちょっとぬるめでした。すごいぞ、霧島!

うわさの広ーい露天風呂も、種類がたくさんあって、息子に付き合って全制覇しました。

いっしょに泳いで遊び、空が広くて気持ちも開放的になり、リフレッシュできました。

そして夕食は和食会席だったのですが、これが期待以上(おっと失礼)に美味しい!

腕のよい板長が作ったなって感じで、みんな大満足でした!(お腹いっぱい)

息子には2370円のお子様ランチを予約していたのですが、これまたすごいボリュームで

目移りするのか、箸を置くことなく食べっぱなしで義母と苦笑い。(いつもの苦労は何なんだ?!)

次日は朝6時から風呂に入り、またまたリフレッシュ。

この日は天気がよく、自室から桜島はもちろん、開聞岳まで見える絶景に感動!
kirisima.jpg
標高800メートルだけのことはあり、景色は最高でした!


朝ごはんは和洋食バイキングでテンションがあがり、もりもり頂きました。

息子も朝ごはんは注文してなかったのですが(秘)、ちゃっかり頂きました(しーッ)。

こんなに楽しんで、美味しくて、なんと一人12,650円 安いでしょ!

みなさん、霧島行くなら、いわさきホテルですよ!

私的には、次回は指宿いわさきホテルとWで行くのもありかなって思っています。

そのぐらい気に入りました^^



2日目は霧島から、鹿児島水族館へ直行。

この日のために、はっけんずかん「うみ」で予習をして行ったのが功を奏し、ジンベイザメや

チョウザメ、マンタなど、よく分かった様子。(でも魚より人を見に行った感もあり)

その後、フェリーで桜島に渡り、島の温泉旅館に泊まったのですが、これが絶句。。。

話をすると悪口になるので省略させて頂きます。

ただ桜島はスケールが大きくて、荒々しくて、旅の醍醐味を味あわせてくれました。

以前「ベッドの下には何がある?」という絵本を読んだことがあるのですが、

息子はそれに出てきたマグマを覚えていて、噴煙に大興奮でした。


私がプランを立てた2泊3日の鹿児島旅行は、大きなアクシデントもなく、無事成功。

行きは3回、帰りは4回乗り継ぎでしたが、こだま、のぞみ、つばめ、レールスターと

色んな種類の新幹線にも乗れて、乗り物好きの息子は得るものが多かったよう。

sinkannsen.jpg
<500系の子供用運転席にて>

義父母の体力的にも、行ける時に行っておかないと次のことは分かりませんからね。

いい親孝行が出来たかなって感じです ^^
(スポンサーは向こうですが^^;)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

オーバーワーク??今日の公文(3歳2ヶ月) [公文のこと。。]

今日は、公文の日。

ズンズン3 16~20 (約6分)

国語4A 106~110(ひらがなのなぞり書きと読み) (21分)
   5A 41~50(短い文・長い文の読み) (9分)

を学習しました。

ずっと学習の様子を見てくださった先生が、「ちょっと学習の量が多いかもしれませんね」

「・・・」

「今日は何度もお母さんの手を振り払っていたので、自分がしたいっという気持ちが
出てきたんだと思います。
手を持ったり、こちらが主導で手早くやるのなら、少々量が多くても出来ると思うんですが、
自分でやりたいという気持ちが出てきたなら、それを尊重してやるべきだと思います。
しかし、時間がかかりすぎたら、勉強がつらいものになりかねないし、おかあさんも大変ですから
当分量を減らして進めてはどうですか?」

「たとえば10分で切る。今日は3枚。 明日は10分で何枚出来るかなでいいと思います。 
 とりあえずは5枚を10分で出来たらいいですね。
4Aの101からは書きに加えて読みも増えているし、その上5Aの読みはしんどいと思います。
それに〇くんは、絵をじっくり見たいタイプでしょう?
ゆっくりすすめてあげればいいと思います。」




正直言って、先生の言葉は意外でした。

息子が何度も手を払っていたことに気がついていましたが、時間がかかるので、ついつい

私のペースでやっていました。

プリントの挿絵を見始めると、「何ていっているの?何しているの?」と言い始めて

問題どころではなくなるし、それも時間がかかる原因でした。

でも先生のお話を聞くうちに、枚数にこだわっている自分、AやB教材を学習している

優秀な3歳児と比較して、このぐらい出来て当然と思っている自分に気がつきました。

先生は、息子のペースに合わせて、学習計画を立てなさいと言いたかったのだと思います。

やんわりと、私を傷つけないように。。。。


明日から、作戦変更!

親子で楽しくプリントできるよう、工夫しなくては!(これが一番難しい)

とりあえず、ホメホメ作戦でいこうかな^^


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。