So-net無料ブログ作成

お子様ソングに疲れたら、ジャズ&ボッサで英語聞き流し(3歳6ヶ月) [パルキッズ・英語]

パルキッズプリスクーラーを初めて4ヵ月目に入りました。(year1-step3を進行中)
ということは、息子の英語の実力はネイティブの4ヶ月の赤ちゃん並みなんだと思います。

CDの掛け流しは嫌がることもなく、覚えているフレーズは一緒に言ったりします。
(としおの1日の「I hate salad!」など)
本当はしちゃだめなんだけど、この前ついにテストしまいました。
「としおがすきな食べ物は何かな?」と聞いてみると、「スパゲティ」と答えるのですが、「サラダはどう?」と聞くと「好き」と答えるので、意味が伝わってないらしい^^;
そこはまだ3歳で理解力が?な部分があっても仕方ないのかも。
DVDを何回も見ればだんだん分かってくるかもしれません。。。
日本語訳は言ってはならないことになっているので、自然に分かるまで放っておかなくては。 
(これがけっこう難しい^^;)


歌は覚えているのと、そうでないのがはっきりしています。
基本的に私が覚えて一緒に歌ったりする曲は、息子もよく歌うのですが、私が歌わないものは、息子もあまり歌わない。
最近この法則に気がつきました。
一緒に歌うと楽しいし、親が歌っていると聞き取りやすいのかな。
私も頑張ってレパートリーを増やさなければ。
step3では、THE RAINBOWがお気に入りのようで、よく一人で歌っています。

さて、家ではパルキッズとI can read!ばかりなのですが、車では気分を変えて、コレをよくきいています。

ママとうたおう おうちボッサ

ママとうたおう おうちボッサ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Rambling Records
  • 発売日: 2010/07/07
  • メディア: CD


1. Do Re Mi
2. Obladi 0lada
3. My Favorite thing
4. Close to You
5. I've been working on the railroad
6. Raindrops keep falling on my head
7. Over the rainbow
8. Yellow Submarine
9. You are my Sunshine
10. Take me out to the ball game
11. Ten Little Indians
12. Tommorow
13. When You Wish upon a Star

ツタヤで「英語の聞き流しにも◎」というPOPをみて、息子向けに購入したのですが、何が何がその音楽性の高さにドップリはまりました。
選曲は誰でも一度は聞いたことのあるスタンダードナンバーばかり。
ジャズボーカリストの五十峯 ゆき (いずみね ゆき)さんと6歳のレベッカちゃん(これが上手!)が、時にはソロで時には一緒に歌い、間奏のピアノ、ベース、ドラムのアレンジが素晴らしく、小野リサ好き、小林桂好きの私を充分満足させてくれます。
ボザノバより、ジャズに近い印象を持ちましたが、ジャズボッサというらしい。
明るい、元気のよいアレンジが多いので、息子もあきないみたい。

五十峯さんの声も本当に「やさしいママ」って感じで、すごーく癒されます。
発音もお上手で、私もこんな風にうたいたいわ~。
(気になる方はamazonで試聴ができるので、聞いてみてください)
子供の声が入っているので、息子もつられて歌い、ほとんどサビを覚えてしまいました。
このCDを聞き始めてから、うちではドレミの歌は英語が基本になりました。
それにしても3歳の息子が、ビートルズを歌うのが何ともおかしいですけどね^^

いくら子供が喜ぶとはいえ、おこちゃまソングばかりだと、気が狂いそうになるけれど、これは子供も親も一緒に歌えて満足できる秀作だと思います^^
まさに「こんなのを待ってました!」って感じ。
次作も期待していま~す^^


CDとmp3ダウンロードがあります(※試聴付) 





nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:育児

スキーは楽しいな♪ (3歳6ヶ月) [おでかけ]

実はうちのダンナの唯一の趣味がスキー。
小6年の時バッジテスト1級を取得、学生時代はスキー部でアルペン競技をやっていたそう。
真夏でもスキーのDVDを見て、スキージャーナルを読む、スキーバ〇なのです。
そのため、息子にもスキーをさせたいようで、3歳で念願のゲレンデデビューを果たすため、秋から色々準備してきました。
まず肝心のスキー用具ですが、板・ブーツ・ポール・トライスキーセットを、ピステさんで12月~4月までレンタル。(ワンシーズンジュニアスキーレンタル ¥9000~)
3回以上スキーに行くんだったら、スキー場でレンタルするより、お得だとふみました。
現在息子は身長98cmですが、お店の方がスキー70cm、ブーツ16cm、ポール65cmをチョイスしてくれました。
サイズは小さいものの、どれも名の知れたメーカー品で本格的なセットです。

ウエアはIGNIOの110cmを買いました。
サイズ調整機能付きで120cmまで着れる予定です。
(アルペン系ショップの特売品で同じウエアを着ている子に出会う確率300%^^;)
グローブも同じIGNIOの5本指タイプを買いました。(指をうまく通せない。ミトンタイプにするんだった)
それにアンダーウエアもモモヒキ?もネックウォーマーも・・・・
ここまで投資したからには、ガンガンスキーに行かなくてはならないのですが、あいにく土日が大雪の日が続き、2月13日 待ちに待った2回目のスキーに行ってきました。

場所はうちから1時間ちょっとで行ける、広島県民の森スキー場です。
連休の最終日とあって、10時半に着くとすでに駐車場がいっぱい。
駐車場からゲレンデまでの長い長い上り坂が、こども連れ、大荷物派には一番の難所ですが、それさえ頑張れば、ロープ塔あり、林間コースありと、子供や私のような初心者でも滑れるし、上級者にも満足できるコースもあるみたいで、ダンナが大好きなスキー場です。

さて息子、「ソリにする?スキーにする?」ときくと「スキー!」と答える優等生^^
さっそくロープ塔に乗って、トライスキー、コーチベルトを着け、いざ出発ーーー!!
ski.jpg
おお、結構滑るんです、 コレが!
一人前にポールを付く(というより漕ぐ!?)のがご愛嬌。
ボーゲンを教えてないので、ずっとパラレル、もちろん止まれませんが、今は「スキーは楽しい!」だけで充分、来年はレッスンに入れようということになりました。
私は下手なのでコーチベルトは出来ませんが、ダンナいわく、ベルトを引っ張ることで進行方向をコントロールできるそう。
息子がこけた時に、ダンナもスキー板が息子にぶつからない様に、後ろにこけたのですが、なんとその時、古傷の膝(5年前、スキー中に前十字靭帯断裂)を痛めてしまい、ちょっとヒヤ汗;怪我だけはこりごりです。。。

ロープ塔の前のゲレンデでは、保育所~小学校の低学年ぐらいの子供たちが大勢スキー教室でレッスンを受けていましたが、とても楽しそうで、ちょっと見ている間にもぐんぐん上達していくのが分かりました。
私は、ダンナと付き合い始めてスキーを始めたので、「滑る=恐怖」です。
それでも、妊娠~今年までスキーのブランクがあったにもかかわらず、下手くそながらも滑れました。
ダンナいわく、自転車の運転と同じだそう。
息子には、スキーの免疫をつけてやりたいな。

そんな息子ですが、実はスキーから帰って翌日、39度の熱を出し、今日もおうちで大人しくしています。
高熱のわりに腹も頭も喉も痛くなく、いたってご機嫌、早く治るといいね。


注)サイズ調整機能付きウエアには、様々な方式があります。
  うちのは、上着の背中にヒモをひっぱるポケットがあり、そでの長さが調節できる
        ズボンの腰上にヒモをひっぱるポケットがあり、すその長さが調節できるタイプです。
  110cmだと、95cm~115cmまでサイズ対応可能です。

skiwear.jpg
skiwear2.jpg
サイズ調整できるスキーウエアは、実身長よりも大きいものを選ぶので、生地がゴワゴワするものだと動きにくいのでは?と感じました。
そこで、3店舗ぐらい見てまわったのですが、INGIOが軽くて薄くて動きやすそうだったので購入しました。
しかしその分、保温性は高くないように感じましたので、ヒート〇〇の下着とフリースのハイネック(ユニクロ)、そしてフリースのアンダーウエア(INGIO)をしっかり着せています。
ウエアのズボンの下は、モモヒキ?に普通のズボンをはいています。
これだと、着替えも簡単できるので、スキーが終わった後が楽です。
2ピースタイプにしたのは、「休憩所にいる時、温度調整ができるから」というダンナの意見を取り入れました。

イグニオ(IGNIO) ジュニア スキー ツーピース (IG-6J45010T)

イグニオ(IGNIO) ジュニア スキー ツーピース (IG-6J45010T)

  • 出版社/メーカー: イグニオ(IGNIO)
  • メディア: その他







nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

運動不足?(3歳6ヶ月) [しつけ]

先日、9ヶ月の赤ちゃんのお母さんとお話していた時のこと。
ズリバイをしないと悩んでいた様子だったので、参考になればと思い、私の持っている本を貸しました。

赤ちゃんの運動能力をどう優秀にするか―誕生から6歳まで (More gentle revolution)

赤ちゃんの運動能力をどう優秀にするか―誕生から6歳まで (More gentle revolution)

  • 作者: グレン ドーマン
  • 出版社/メーカー: ドーマン研究所
  • 発売日: 2000/03
  • メディア: 単行本


私が初めてこの本を読んだのは、息子が1歳9ヶ月ごろだったでしょうか。
子どもまかせにしていた運動の発達を、トレーニングで進めることができることを知り、目が覚める思いでした。
すぐに実践し、毎日2キロは散歩&ランニングさせていました。(今はやってない)
空中ブランコに、毎日ぶら下がらせたり(これもDIY でも好きじゃないみたい トホホ)
ブランコ.jpg
平均台も(これはさすがに作れんかった)
足首を持って振り子時計みたいに振り回すのも。。 (もう重いわ)
今じゃたまにでんぐり返しや逆立ち、手押し車をするぐらい。
ああ・・・これじゃ運動量が足りないよなあ。 (自己嫌悪)

この本は誕生から6歳までの運動について書いてあり、現在3歳6ヶ月の息子には、「この中から、10個好きな運動をさせるとよい」みたいな内容もあります。
自宅でできる運動もありますが、私が教えるには限界があるものも。

横峯先生が以前「エチカの鏡」で、全般的に保育所は運動量が不足していると指摘されていました。
また、運動神経のピークが6歳?ともおっしゃっていたような(これはウロ覚えなんですか)。
ここはひとつ、スイミングスクールか、体操教室に行かせてみたいな。
(田舎すぎて、教室が近くにないのが大問題ですが)
ピアノもさせてみたいしなあ。 そろばんも興味あるし。。
でも毎日習い事ばかりじゃかわいそうな気もがするし、、、悩むところです^^;

とりあえず4月に入所して、私も仕事を再開してから、スケジュールを立てないと。
それまでは、クリスマスプレゼントの自転車の練習がんばろうっと。
自転車.jpg
始めは三輪車のクセで、後ろこぎばかり。
歩くのと同じスピードでしたが、最近は走って追いかけなければいけないぐらいスピードを出すことも。
でも危なっかしいのは、相変わらず^^;

nice!(2)  コメント(5) 
共通テーマ:育児

おもちゃ&本収納 DIY ブックスタンド付きローボード [DIY &HANDMADE]

ついに完成しました。
今まで一番の大物です。
lowboard-9.jpg
SIZE W176×D40×H34㎜

うちはベランダへ通じる窓が、52cmの高さにあるため、その踏み台も兼ねています。
前板はフローリング風。これはいつものナフコのワンバイ材をはぎ合せたもの。(好きねー)
はぎ合わせるのはちょっと手間ですが、パインなどの一枚板を使うより、柄があっておしゃれに見えるので、おすすめテクです。
しかも断然安い!(木材だけなら扉1枚あたり@250円です)
そしてはぎ合わせに使う桟に、本を置けるようにしました(心の中の意匠登録①)
lowboard-5.jpg
本を置いたらこんな感じ。重ねれば、絵本8冊ぐらい置くことが出来ます。
主に図書館から借りた本、今お気に入りの本を置いています。
子どもに本を薦めやすいし、片付けるのも簡単です。

そして本のホルダーにもなっている取手。
lowboard-4.jpg
以前見た外国のシステムキッチンのカタログに木製のバー取手が載っていて、それがすごくステキだったのを思い出し、試行錯誤しながら作りました。(心の中の意匠登録②)
左右同じ角度に穴を空けれるか、どうやって扉に取り付けるかなど、ない知恵を相当絞りました^^;
やってみると思ったより簡単で、金具の取っ手を使うよりかなり安上がりでした。(材料費1本60円ぐらいかな)
サイズも自由に設定できるし、今後はこの手でいこうと思います。
lowboard-6.jpg
ローボードの裏面にも桟を取り付け、そこにも本を立てれるようにしました。(心の意匠登録③)
本のタイトルは大体上面にあるので、ローボードから窓までのわずか14cmの隙間でも何の本か判別できます。
ここは大人の雑誌コーナーに。
lowboard-7.jpg
ローボードの中ですが、半分は本、半分はおもちゃが入っています。
(トミカぐんぐんタワーもしっかり収納)
大容量のつもりだったのですが、すぐにいっぱいになってしまいました^^;
lowboard-8.jpg
lowboard-3.jpg
踏み台にもなる天板は、「クギが丸見え」状態を避けたかったので、初めて、隠し釘の技法にトライ。
が、天板がキズだらけになってしまい大失敗。(節のおかげで、あまり目立たないのでホッ)
lowboard-1.jpg
以前作ったおもちゃ箱と並べて置いています。
ホワイトにペイントしようか迷ったのですが、真冬で塗装がなかなか乾かないこと、外の作業が寒いこと、まあまあ木目がキレイなので、ラッカー塗装(透明色)をスプレーしました。

頑張った!と思われる方、もしよければnice!お願いします^^
コメントもらえると嬉しいです。



☆DIYシリーズは閲覧数も多く、うちのブログの人気コーナーなので、興味がある方に詳しい情報を。

使った材料は
ナフコのホワイトウッド
1820×89×38㎜(3本)@298 (脚用 (4枚はぎ×3)
1820×89×19㎜(7本)@198 (天板用(4枚はぎ×1)  扉用(4枚はぎ×2 5枚はぎ×2)

その他接ぐの使う桟  適量

ラミン丸棒 (取手用  隠し釘用)
10㎜×1   8㎜×1
(注)うちは8ミリの穴あけドリルしかないかったためこのサイズにしましたが、もっと大きくてもいいと思います 

羽丁番 8ヶ(扉が重たいので大きいものがよいかも)

マグネットキャッチ 2ヶ @398 (高っ!)

その他ビス 適量

木材をケチって接いで安くあげても、金具でドカーっといかれるので、なんか納得がいきませんが、
仕方ありません。
ビスも種類をそろえると結構かかります。

そんなこんなで、材料費は5000円ぐらいでしょうか。
ワンバイ材のカットはナフコでしてもらいました。
一度にたくさんのカットを頼むとおじさんの機嫌が悪くなり、断られたりすることもあるので、めんどくさいですが2日に分けて行きました。
製作期間は3日です。

☆作ってみての感想・反省点

以前はブックスタンドと踏み台を置いていたのですが、見た目にも美しくなく、おまけに本が増え置き場所に困るようになっていました。
そこでブックスタンドを兼ねた本棚がほしくて作りましたが、本だけでなくおもちゃも収めることができ、おかげで部屋がすっきりしてとても気に入っています^^
でもこの窓下の大きな家具には、全部息子のものが入っていると思うとぞっとします。
しかもすでにいっぱい・・・・(怖)
これからも収納との闘いが続くでしょう。
改良しなければならない場所はまだまだありますから。


反省点としては天板は本来38㎜厚のツーバイ材を使う予定でしたが、持ってみて重たいし、19㎜でも大丈夫そうと思い急きょお店で変えました。
が、出来上がって私が乗っていると主人いわく、「曲がっとるで」・・・・。
まさか折れることはないとは思いますが、気になる方は厚い方でしたほうがよいかと思います。

扉を取り付けるのもちょっと苦労しました。
私はノミを使えないし、トリマーも持っていないので、扉と脚の間に5ミリほど隙間が開くことを覚悟して取り付けました。
結果、5ミリの隙間はそんなに気にならないのですが、丁番の位置が低かったのか、扉が重さでだれてしまい、上部に隙間が出来てしまいました。
これは今度直そうと思っています。






 
 





nice!(4)  コメント(5) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。