So-net無料ブログ作成

レゴに夢中 もちろん働く車ばかり (3歳8ヶ月) [おもちゃ・知育グッズ]

はじめに・・・
震災の日以来、私に何ができるか考えてきました。
そして私にできることは、「普段と変わらない暮らし」をすることではないかと思うようになりました。
西日本に住む日本人までが落ち込んでしまっては、精神的にも経済的にも日本が持たないような気がしてしまい。。。
浮き足立つのではなく、しっかりと前を向いて、毎日を送ろうと思います。

さて、ひさびさのブログです^^
最近の息子の様子はというと、レゴにどっぷりはまっています。
毎日3時間はするかな。よく飽きないものだといつも義母と話しています。
その集中力に感心させられますが、その甲斐あって、めきめき腕をあげてきました。
作るのは、働く車<ジューキーズ>ばっかりです^^;
LEGO2.jpg
これは今日作ったブルトーザー。
黄色のブルトーザーの写真を見ながら、「青いブルトーザー見たことないよね」と言って自分で全部作りました。
後ろにはリッパもちゃんと付いています。(結構細かい)
息子の働く車好きには閉口することもありますが、それが高じて思わぬ才能を発揮するとは。
好きこそ物の上手なれ でしょうね^^

レゴを初めて買ったのは、2歳6ヶ月時、クリスマスプレゼントとして。
まだ早いかな~と思ったけれど、それなりにブロックをつなげたりして遊びました。
そして3歳頃から、簡単な車らしきものが作れるようになりました。
やってみると分かるのですが、たくさんのパーツの中から、必要なパーツを探すことが最初の難関です。
箱の中をガーラガーラかき混ぜながらパッと見つけるのは、動体視力がいりますし、大きさや色を見分けるのも結構大変です。(うちでは「プチ2」「ペラ8」など、勝手に名称をつけています)
また、オリジナル作品を作るには、パーツの特性も理解していないと出来ませんが、これがまた多種多用。
そう思うと、3歳8ヶ月でこんなこと出来るようになるなんて、ほんと不思議です。
LEGO.jpg
レゴは少々高い買い物でしたが、創造力や図形力、集中力もついて、なおかつ一人で長時間遊んでくれるので、充分元は取れたような^^
これだけの車を同時に作るためには、タイヤも相当必要で、うちでは、2セット買い足しました。
そのうちの一つは、日本未販売のもので、ゴムのクローラーが付いており、ショベルカーやブルトーザーが出来るようになって、バリエーションがぐっと広がりました。
次は、レゴシリーズの家バージョンがほしいなあ(私の希望)


息子が使っているのは、<レゴ 基本セット のりものセット 5489>です。
今は廃番になっているので、お店にはまずないでしょう。ネットならわずかに購入できるみたい。
(今はビックリの値段ですが、私が買ったときは8000円ぐらいでした)
のりものセットだけあって、乗り物しか出来ませんが、バケットやクレーン、荷台など働く車を作るのに必要なパーツや、タイヤも3種類ほど入っています。 
ただブロックはずしが付いていなかったので、これは後からネットで買い足しました。


<レゴ 基本セット 青のコンテナスーパーデラックス 5508>
息子が使っているのは廃番になっているのですが、現在販売中の物の中では、これが一番近いかな。
タイヤもあるし、簡単な家も出来るので、車好きくんにおすすめ。
ブロックはずし(一人で出来るようになるには必須)も付いているので、初めてのレゴにぴったりです。


<レゴ シティ 工事 ダンプカー 7631>
これは叔母がプレゼントしてくれたのですが、ダンプカー用の巨大タイヤと、荷台を動かすパーツ、そして黄色いブロック(働く車好きには必須)が手に入り、世界が広がりました。


<LEGO 6187 Road Construction Set>
これは日本非売品ですがネットで買えます(希少なのでお早めに)。
ショベルカーのクローラー目当てで、去年のクリスマスプレゼントにしました。
ダンプ用の荷台や、バケット、ロードローラーを作れるパーツが入っており、「ロードローラー作って」と言われ、苦労したことのある方におすすめ (私のこと)
このセットを購入してから出来ることがさらに広がり、息子の創作意欲に火が付いて現在に至っています。
それにしても何で日本で売ってないのかね。
ニンジャシリーズなんて日本人で買う人いるのかしらん。。と思うこの頃です。



nice!(2)  コメント(17) 
共通テーマ:育児

東北地方太平洋沖地震 -私ができること

この度の震災で被災された方に心よりお見舞い申し上げます。

車がおもちゃみたいに流されるなんて。。。
家が簡単に流されるなんて。。。
4階の高さまで津波が来るなんて。。。
地震から4分で津波が来たところでは、きっと逃げることはかなわず、おもちゃみたいに流されていく車や家の中に人がいたことでしょう。
本当に心が痛みます。

私に何ができるのでしょう。 
節電は中国地方に住んでいるので意味ないみたいだし・・・。
個人の善意は募金しか受け付けないようです。

<広島県のHPより>
個人からの物資(食料を含む)の支援は,受付けておりませんので御了承ください。
(過去の同様の災害に際して,刻々と変化する現地ニーズに対して,提供される物品がマッチせずに無駄に廃棄されることが多く見られました。このように結果的に皆様の善意が伝わらないこととなるため,個人からの救援物資の提供は受け入れないこととしております。)

行政の手際が悪く、さばくことができないなら、民間に委託すればいいのに。。(クロネコとか)
今までの災害とは規模が違うのだから、税金と企業からの物資の支援、募金だけしか受け付けないというのはあまりにお役所的な考えだと思います。
日本の半分の人は、みな無事だったのですから、力を合わせれば復興の大きな原動力になるはずです。

「毛布がない」「食事がない」等の報道を見ていると、何もできない自分に腹が立ちます。
「毛布なら余分があるよ」「お米なら余分があるよ」「電池も余分があるよ」と言いたい。
刻々とニーズが変わるのであれば、これから必要になりそうなものが過去の経験から分かるのでは?
色んなものが集っていけないなら、品目を指定して、呼びかければよいのでは?

政府の英断を期待しています。


<2011年3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震」募金のサイト>

Yahoo基金
「壁紙購入による募金」と「Yahooポイントによる募金」の2つから選べます。

TUTAYA T-POINT募金
Tポイントを募金できます。

東北地方太平洋沖地震にWeb/携帯から募金する方法まとめ
募金のリンク集です。



nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。