So-net無料ブログ作成
しつけ ブログトップ

運動不足?(3歳6ヶ月) [しつけ]

先日、9ヶ月の赤ちゃんのお母さんとお話していた時のこと。
ズリバイをしないと悩んでいた様子だったので、参考になればと思い、私の持っている本を貸しました。

赤ちゃんの運動能力をどう優秀にするか―誕生から6歳まで (More gentle revolution)

赤ちゃんの運動能力をどう優秀にするか―誕生から6歳まで (More gentle revolution)

  • 作者: グレン ドーマン
  • 出版社/メーカー: ドーマン研究所
  • 発売日: 2000/03
  • メディア: 単行本


私が初めてこの本を読んだのは、息子が1歳9ヶ月ごろだったでしょうか。
子どもまかせにしていた運動の発達を、トレーニングで進めることができることを知り、目が覚める思いでした。
すぐに実践し、毎日2キロは散歩&ランニングさせていました。(今はやってない)
空中ブランコに、毎日ぶら下がらせたり(これもDIY でも好きじゃないみたい トホホ)
ブランコ.jpg
平均台も(これはさすがに作れんかった)
足首を持って振り子時計みたいに振り回すのも。。 (もう重いわ)
今じゃたまにでんぐり返しや逆立ち、手押し車をするぐらい。
ああ・・・これじゃ運動量が足りないよなあ。 (自己嫌悪)

この本は誕生から6歳までの運動について書いてあり、現在3歳6ヶ月の息子には、「この中から、10個好きな運動をさせるとよい」みたいな内容もあります。
自宅でできる運動もありますが、私が教えるには限界があるものも。

横峯先生が以前「エチカの鏡」で、全般的に保育所は運動量が不足していると指摘されていました。
また、運動神経のピークが6歳?ともおっしゃっていたような(これはウロ覚えなんですか)。
ここはひとつ、スイミングスクールか、体操教室に行かせてみたいな。
(田舎すぎて、教室が近くにないのが大問題ですが)
ピアノもさせてみたいしなあ。 そろばんも興味あるし。。
でも毎日習い事ばかりじゃかわいそうな気もがするし、、、悩むところです^^;

とりあえず4月に入所して、私も仕事を再開してから、スケジュールを立てないと。
それまでは、クリスマスプレゼントの自転車の練習がんばろうっと。
自転車.jpg
始めは三輪車のクセで、後ろこぎばかり。
歩くのと同じスピードでしたが、最近は走って追いかけなければいけないぐらいスピードを出すことも。
でも危なっかしいのは、相変わらず^^;

nice!(2)  コメント(5) 
共通テーマ:育児

モンテッソーリ「ママひとりでするの手伝ってね!」に はまりました (3歳4ヶ月) [しつけ]

ドーマン、くもん、七田、こぐま、ピグマリオンと今までお勉強系の本はよく読んだのですが、今回初めて「モンテッソーリ」本を読んでみました。
実はモンテッソーリのことを何も知らなかった私。
上記と同じようなものだと思っていたのですが、これが大違い。
現在3歳4ヶ月、このタイミングでこの本に出会えたことに感謝です。
(欲を言えばもっと早く知りたかった。。。)
monte.jpg
「このごろの子どもの手が不器用になったことを調査した先生が、日本教育学会で発表されたときに聞いた話です。
ある幼稚園児が自分で顔が洗えない、両手で水をすくうことも、顔まで水を持っていくこともできないという不器用さ。
驚いた先生が、「おうちで、どうやって顔を洗っているの?」とたずねますと、こう答えたそうです。
「あのね、ママがね、タオルぬらしてね、電子レンジに入れてね、チーンと鳴ったらね、タオルが温かくなってね、それでママが拭いてくれるの」

この本は上記の出だしから始まるのですが、いきなりのカウンターパンチ。
「ということは、まだ顔を洗えない(厳密に言えば教えてない)うちの子は不器用なのか???」

続きを一気に読んでしまったのは言うまでもありません。

どの内容も勉強になることばかりでしたが、特に印象的だったのは、
●3歳~6歳は2つの重要な「敏感期」
●日常生活の運動(服を着る、ハナをかむ等)を教え方
●集中して作業することによって、子どもの性格が変わる
ということです。

服の着方、歯磨きの仕方が上手くならないのは、教え方が悪かったのだと反省。
また教える側も子どもの心理が分かるので、イライラせず根気よく出来るようになりました。
また先述の「顔を洗う」運動も、風呂で2回ほど練習したら、洗面台でもすぐに出来るようになり、まだ早いと思っていたのは、自分の思い込みだったのだと痛感しました。

集中については、公文をしていることもあり、「どうやったら集中するのか」「プリントをしたら集中力がつくのか」等、疑問に思っていたのですが、この本からヒントを貰いました。
いろいろ試してみようと思います。

子どもの成長に欠かせない「敏感期」の存在を知りえたことは、とても大きな収穫でした。
おかげで、一生に一度しかない「敏感期」だけの自然から与えられた宿題を逃さずに済みそうです。
うちの子の年齢ぐらいだと生活に直結している内容で、家庭ですぐに取り入れられるのが良いですね^^
「モンテッソーリ」をもっと知りたくなったので、これからも別の本を読んでみようと思います^^


nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:育児

お箸が上手になりました。 (3歳1ヶ月) [しつけ]

最近、やっとこさ箸での食事が一人で出来るようになった息子。

思えば長い道のりでした。

2歳すぎからcombiのしつけばしを使い始めたのですが、心配をよそに、すぐに上手に使いこなしました。



年配の人には「最近はいい箸があるんだね」と言われ

同年代のママには「〇〇ちゃんもあの箸にする?」と言われ、

そしてみんなから「箸上手だね!」と言われ、本人も(親も)満足げ。

「ぼくも大人みたいにお箸で食べれるんだ!」という自信がついたと思います。



普通の箸に挑戦したのは4月ごろから(2歳9ヶ月)。

ママ友とのお茶会で、保育所の年少さんは変な箸の持ち方をするのが多いという話を

聞いたのがきっかけでした。

「うちでもそろそろ始めようかな~」ぐらいの軽~い気持ち。

しつけ箸が上手に使えるので、またすぐに出来るようになるわ、とたかをくくっていました。

しかし箸トレはここからが本番、親も子も忍耐の日々が始まりました。 



まずは箸を持つ、箸先をそろえることから。 これが結構難しい。

少しはトライするものの、じきにイライラしてきて、「食べさせて~」を連発!

そして1歳以来の手掴み食べも復活!

時間はかかるわ、逆戻りするわで、何回しつけばしに戻そうかと思ったことか。

それをぐっとガマンして、毎日箸を使う時間を作るようにし、息子がマグレで掴もうものなら、

拍手喝采でその気にさせ、ちょっとずつちょっとずつ慣らしてきました。

そんな中、「がまんを育てる本」
(詳しくは→http://yukakichi.blog.so-net.ne.jp/archive/c2301221783-1

にあった「3歳になっても自分でご飯を食べれない子」の話に触発されて、時間がかかってでも

自分で食べるように仕向け(箸の上に乗せてやる、掴みやすいサイズにカットする等)

最後の最後になるまで手伝わないようにしました。

手が止まった時には、お箸をフォークリフトに見立て、ごはんを「ザザーッ」と言って集めたり

お口をダンプの荷台に見立てたりと、働く車好きならではの作戦を決行。

中指が箸の間に入る感覚を掴むのに時間がかかりましたが

それからはメキメキと上達し、難関だったご飯も、フォークリフト作戦で上手にすくえるように

なりました。

もう、お出掛けしてもフォークを持参することはなさそうです。




手前みそですが、箸トレのコツは「一人で食べさせる」「ほめまくる」「美味しく食べる」

だと思います。

うちでは「時間がかかってもいいや」と親が腹をくくった時点から、急に上達しました。

(全く手伝わないのではありません。例えば箸にご飯をのせてしますが、箸を持つのは息子ですし

ご飯を寄せて、食べやすくしたりなど工夫は必要だと思います)

子どもががんばっているのですから、親も忍耐が必要ですよね。


ちなみに息子のお箸は「しまじろう」です。

丸い形の、非常に細い箸です。

他にも箸を持っていますが、3歳児の手にはこのぐらいがいいのではないかと思います。

また上から2/3のところで、色分けされており、持つところが分かりやすいです。

箸の中央を持ちたがる時に、「青いところ持って!」など声かけがしやすく、使いやすいので

おすすめですよ^^


それとこの本

きょうから おはし (ゆうちゃんは3さい)

きょうから おはし (ゆうちゃんは3さい)

  • 作者: とくなが まり
  • 出版社/メーカー: アリス館
  • 発売日: 1999/01
  • メディア: 単行本


ゆうちゃんの通う保育所では、3さいになったその日から、お箸を使ってごはんを食べるというストーリー。

3歳にこじつけて、何回も図書館で借りて読みました。

良書ですので、ぜひどうぞ。


nice!(0)  コメント(50) 
共通テーマ:育児

片付けないの!! 反抗期(3歳0ヶ月) [しつけ]

「ご飯たべるから、おもちゃ片付けなさい」

「片付けないの!まだ遊ぶの」

「食べてからまた遊べばいいじゃない」

「食べないの!遊んでばっかしなの」

いろいろ押し問答のあげく、激高した息子がレゴのブロックを撒き散らしました。

そして私の顔色を窺っています。

もうあの手しかありません。私は気が短いのです。

「片付けられないおもちゃ(大事にしないおもちゃのパターンもあり)は

サンタさんに持って帰ってもらうからね。かあちゃんいつも言っているでしょ!」

そうしてレゴの箱を持っていこうとすると、「片付ける~!!片付ける~、ワーン!!(号泣)」となります。



最近素直に従わず、手を焼くことが増えてきました。

晩御飯の時に「今3時なの、お昼なの」などあまのじゃく的なことを言ったり、これも成長なのかなあと

思っていたのですが、どうもしっくりこないので、ある本を読んでみました。


子どもの「がまん」を育てる本

子どもの「がまん」を育てる本

  • 作者: 田中 喜美子
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2009/10/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



これ本はかなり強烈です。 

なにがすごいって

①赤ちゃんをあまりだっこして育ててはならない
②母乳育児をだらだらと続けない
③8ヶ月から保育所に預けるのが好ましい

っていつの話じゃい!!  2009年の出版!?

一口に言うと、こどものガマンは0歳児教育にあるそうで・・・。

基本的には昔(母親が仕事で子供に手が取れなかった頃の)の子育てを

推奨する内容でした。

あまりにも自分の子育てと真反対すぎて、素直に従えない内容も多々あるのですが、

中には「なるほど~」と思えることもありました。

①一人で食べる
②一人で寝る

つまり人間としての基本的な自立なんですが、これ、うちの息子はまだ出来ていません。

今、箸のトレーニング中で、なかなか沢山食べられなくて、時間がかかるのでつい食べさせていたのですが、

この本を読んで以来、腹をくくって、時間がかかっても、一人で食べさせるようにしています。

おかげで箸が上手になってきました。

でも時々、私の膝の上で食べようとしてきます(そのときは断固拒否)


もうひとつの課題、一人で寝るですが、今はシングルベッドを2台引っ付けて、3人で寝ています。

息子はなぜか左端が好きで大の字で寝るため、真ん中の私はベッドとベッドの溝にはまり、

寝た気がしない毎日を送っています。

そこで息子用にベッドを検討中です。

一人で寝れるかは半信半疑ですが、何とか工夫してベッドに寝かせてやろうと作戦を立てています。

理想はこんな感じ



子どもの憧れを全部満たした、テント付き、すべり台付きロフトベッド。

私もこんなのほしかった。。。ステキすぎるわ~。

しかしながら、我家にはかなり予算オーバーなので、 

お盆で実家に帰ったときに、私が使っていた2段ベッドを持って帰って、リメイクする予定です。

あまり自信ないけど、「必要は発明の母」(ゲゲゲの女房では「貧乏は発明の母」だったっけ^^;)

きっと何とかなるでしょう。







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児
しつけ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。